【減塩コラム】減塩生活を振り返る|8~10ヶ月目

なかじー

減塩生活が8ヶ月目くらいになると、これまでなかった悩み事が発生しました。その悩みについて詳しくお伝えしていきます!

減塩生活を始めてから8ヶ月も経つと、体調管理のために毎日行っている行動が全てルーティン化され、朝起きてからその行動を取ることが当たり前になりました。

それまでは忘れないように意識して行っていたことが、朝起きて顔を洗って歯を磨く、という当たり前の行動と一緒に行うようになれたことで、気分的な負担が軽減され楽になりました^^

減塩生活が「大変」から「当然」へ

今は「当然」になった減塩生活でのルーティンはこのようなことが上げられます。

  • 毎朝の薬の服用
  • 朝起きたら体重を計る
  • 晴れている日は子供を自転車で保育園に送る(往復約10km)
  • 朝食兼昼食のような食事(基本的に一日二食)
  • 間食は無しで夜まで我慢する
  • 空腹が我慢できなければ炭酸水、コーヒー、ガム、などでごまかす
  • 夜の食事の塩分量は、その日一日の塩分摂取量を考えて作ってもらう
  • 夜、どれだけお腹が減っても夜食は食べず、炭酸水で我慢する
  • 毎日血圧を測る

もちろん他にも細かい決め事などはありますが、これらに関しては、ルーティンになっているため、何も考えずに実行しています。

減塩生活開始当初は、自転車で往復10kmするたびに足は筋肉痛になり、保育園から帰ってくるだけでヘトヘトになっていました。

疲れているのに食事内容は減塩食なので、食べた気がせず、疲れと空腹でイライラしていたように思います 苦笑

しかし驚くことに、その生活スタイルに慣れてしまうと意外と普通になり、帰って来てから減塩食などを食べ、すぐに仕事に入ることも苦ではなくなりました。

当然ですが、夜の食事までに空腹で辛い時間帯はあります。

ただその時間帯も、水分をたくさん飲む、ガムを噛み続ける、といったことで大抵の場合はカバーできるようになり、ごくたまに間食でアイスを食べることでメリハリを付けるようにしています^^

少し前の自分の行動を考えてみると、空腹時に間食をしないということは考えられませんでした。正直な話、お腹が減ったらカップラーメンやカップ焼きそばを毎回食べていたと思います、、

塩分相当量を考えると、おなかが減ったからと言って、カップラーメン、コンビニ食、ジャンクフード、スナック菓子、コーラなどのソフトドリンク、などを毎回食べれば当然高血圧になり、自ら病気になることを促進しているようなものなのですが、その当時はリスクを一切考えたことはありませんでした 汗

結果は御存知の通り、高血圧が原因で脳梗塞で入院です。

ただ、好きなものを好きなだけ好きなときに食べるというリスクを理解したため、退院してからは一度も上記で上げたカップラーメンやジャンクフードなどに口をつけてはいません。

それらの味が美味しいことは重々承知していますが、高血圧によるリスクを身を持って経験したため、塩分量が高いとわかっている食べ物は避けるようにしています。

減塩食に慣れたことによる問題

全て順調に進んでいるように見えた私の減塩生活なのですが、減塩食に慣れてしまった事による問題が発生しました。

それは、「減塩食を食べ過ぎて体重が増える」という問題です。

それまでは「減塩食は自分にとって体に良いもの」という認識で食べていたのですが、味にも慣れて美味しく食べれるようになったことで、それまでよりも量を食べるようになったのです 笑

体が慣れてしまうと、いくら減塩食とは言え食べ過ぎれば普通の食事と同じで吸収されて太る元になります。

美味しく食べれるようになったことは良いのですが、それを食べすぎたことで体重が増えた、なんてことでは意味がありません。

そのため、減塩生活の8ヶ月目辺りからは、食べ過ぎた日の翌朝は体重が増えることもあるため、その日一日の食べるものを考えて行動するようになりました。

極端な場合、食べ過ぎた日の翌日は食事をしない、といった形での調整を入れることもたまにあります。

私の場合、ピーク時から比べて体重が落ちたとは言え、今でも平均と比べればまだまだ太っているため、一日や二日食べなくても特に体に悪い影響はないのです 笑

※食べないことはオススメはしません。これはあくまでも、私の体型だからこその調整方法になります

減塩食で太るなど想像もしていなかったのですが、どれだけ塩分が少なかったとしても食べ過ぎは良くないということをこの時期に学びました。

体重が増えることで血圧が上がる問題

高血圧対策として、毎日の薬の服用で血圧を下げ、毎日の運動と減塩食を食べることで血圧を安定させる、ということを医者から言われているので、日々それを実行しています。

減塩生活の半年目くらいまでは良いペースで体重が減ったこともあり、毎日体重計に乗るのが楽しくもありました。

しかしそこから更に2ヶ月ほど経つと減塩食に体が慣れ、食事制限だけでは体重は落ちず、食べ過ぎれば体重が増えるという問題が発生したのです。

それにより自分の中で、「体重が増えると血圧が上がるのでは、、」という不安にかられるようになりました。

当然これは自分自身の気の緩みの問題なので、再度以前のように考え直さなくてはいけないと思いつつも、8ヶ月目辺りは気が向くままに過ごしていたと思います。

ただ、その状況を見かねた妻から「食べ過ぎ」を指摘されるようになったことで、緩んでいた気持ちを引き締めるようになったのです。

その時に思ったことは、毎日減塩食を作っていくれている妻の努力を無駄にしてはいけない、娘に父親の体調を心配させてはいけない、ということでした。

そのため、減塩生活の9~10ヶ月目位の時期は、食べ過ぎたと思ったら体重を計り、増えた体重を調整し元に戻すために、食事制限や外へ歩きに出て体を動かすといったことをするようになりました。

その結果、現状自分が目安にしている体重から大幅に増えることはなく、血圧も安定しています。

これは何度かお伝えしたことなのですが、ここから体重を減らし痩せたい場合は、減塩食だけでは限界に来ているため、運動量を増やし、食べる量も減らす、と言ったことが必要になると思います。

ただそれは現在の私にとってはかなりハードルが高いことなので、まずは現状維持がマストで、今後少しずつ運動量アップ、食事量ダウン、という感じでバランスを良くしていこうと考えています^^